FC2ブログ

Reginella Campagnola~村の娘~

手作り生パスタ教室「Il Sole」の主催者が日々の生活をお伝えします。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
9月のイタリア家庭料理教室 :: 2018/10/13(Sat)

9月のイタリア家庭料理教室が終了しました。
天候の悪い日もございました。お越し頂きました皆様、どうも有難うございました。
お料理の写真をアップします。
ラビオローネ2 - コピー
 きのこと秋茄子のラビオローネ
リピエノを詰めた大きなラビオリをイメージしましたが、最後に焼くのでこれは小さなラザーニャだ!
ラザーニャをメニューにすると、ソースがかかっていない部分がかりかりとなります。ご試食の際にその部分の取り合いになりますが!?今回は全員にかりかりが。

サーモンのインボルティーニ2 - コピー
サーモンのインボルティーニ ポルチーニ風味
サーモンでポルチーニのリピエノを巻いて、上にも風味豊かなソースを。
このお料理、作り方はとても簡単なので、ご自宅で作ったというご報告を何件も頂きました。嬉しい!!
ソースがさらさらになるという方、思い切ってぐぐっと煮詰めてみてください。ぐぐっと!

ほうじ茶パンナコッタ2 - コピー
ほうじ茶のパンナコッタ 秋のフルーツ添え
甘い甘いパンアコッタにほうじ茶の香ばしさを添えました。
こちらも簡単でおもてなしの時には重宝しますし、日々のおやつにも気軽に作れます。

毎回申し上げることですが、気に入ったお料理がありましたら、何度も作ってみて頂きたいと思います。
何度も作ったお料理は、たとえ工程が多くても面倒ではなくなります。工程が頭に入ると手際がよくなるのか、だんだん早く仕上げられるようになります。頑張って!頑張って!

また、何度も作っていると失敗することもあります。実はそれが重要で、私も試作の時に失敗したことはできるだけ皆さんにお話しするようにしていますが、それが素材の問題だったり、ちょっとした火加減だったり、それは必ずどこかで覚えていて次は上手くいきます。私の毎日はその繰り返しのような気がします。




  1. お教室
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
ぶどうのフォカッチャ :: 2018/09/22(Sat)

日本の果物はそれは見事にできていて、そのまま食べるのが一番美味しいと思う。
数年前にジョバンナのところに行った時のこと、庭に続く洋ナシ畑に、その時まだなんとか元気だった愛犬トビアと猫のウリーセと行き、ほいほいと実をもぎってシロップ煮を作ってくれた。

日本の立派な洋ナシとは違って、そのまま食べたのでは甘さが足りず実が固い。そして少しすっぱい。だけれどもシロップ煮にするとちょうど良い感じだった。多分、ヨーロッパの果物のシロップ煮は、こんな風にそのままではたいして美味しくないけれども、ある時期に取れて取れて仕方がないというものの保存食なのだと思う。

夏にパスタの師匠ジョバンナのところに行くと作ってくれる「ぶどうのフォカッチャ」。
立派な巨峰を焼いてしまうのは忍びないが、作ってみた。
ぶどうのフォカッチャ

ロースマリーを乗せると味がしまる。砂糖はたっぷり。シナモンも振ってみた。
まだまだ改良の余地あり。味はいいと思うのだけれど、もう少し食感をよくしたい。

台所に置いておくと夫は一向に手を付けず、朝食におやつにほとんど私が食べた。
最後の二切れを甘いものが食べたくなった夫が食べて「これ、美味しいね。」と。
私がこれだけ食べたのだから不味くはない。そこらへんを敏感に察知していればもっと食べられたのにね。
我が家はこういうところシビアなのだ。



  1. 我が家のイタリアン
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
クワドルティーニ :: 2018/09/21(Fri)

9月の生パスタコースが終了しました。
まだまだ暑い日もございました。ご参加頂きました皆様、どうも有難うございました。
クワドラティーニ4 - コピーブログ (2)
四角いパスタ「クワドラティーニ」に鶏とキノコのペーストを合わせました。
過去にも鶏とキノコの組み合わせがございましたが、今回が一番シンプルなレシピだったと思います。
鶏は食べ応えがあるように大きめ、キノコはパスタにからみやすいように細かく。
骨付きの鶏肉を使えば、お味は十分出ますので、ブロード(出汁)は必要なし!という事が分かって頂けたら嬉しいです。
このレシピをベースに生クリームを少し入れてもいいですし、トマトペーストを加えても美味しく召し上がれると思います。

かぼちゃとトマトのズッパ2ブログ
かぼちゃとトマトのスープに、パルミジャーノを着けてバターで焼いたバゲットを添えました。
いつものかぼちゃのスープにトマトを加えることによって、さっぱりと召し上がれると思います。
夏から秋への移行期のスープです。
スープに添えたバゲットが好評で、これだけでワインが飲めると!このバゲットの上にトマトを刻んで少量のオリーブオイルで和えた物を乗せたら、ちょっと変わったブルスケッタになります。他の生野菜でもよいですし、キノコを焼いたものでも合うと思います。どうぞお試しください。
一つのレシピからいろいろな展開ができるように、ブログでもご紹介して参りたいと思います。





  1. お教室
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
茄子のオイル漬け :: 2018/08/31(Fri)

茄子の苗は、花が咲けばとりあえず実がなる。
家庭菜園をしていれば、一本植えておけば4人家族でも十分だろう。
なのに、私が借りている畑の回りは、皆さん10本くらいの苗を植えている。
まあ、植えても全部がうまくいくわけではないので、用心のためということもある。
かく言う私も、6本の苗を植えたので、取れる時はもうもういやになるほど取れる。

大きくなりすぎたものも、形が悪いのも捨ててしまうのはもったいなくて全部家に持ち帰る。
包丁で切ってみて、種が大きくなりすぎている部分だけ処分して、お夕飯のおかずに毎日毎日茄子の油いためを食べた。味噌を入れたり、しし唐やパプリカと一緒に炒めたり、プチトマトと炒めたり。これは和風ラトテュイユという感じで美味しかった。
残りは全部オイル漬けに。
茄子のオイル漬け2
米茄子のオイル漬け。皮は固いので剥いてしまい、中の白い部分だけで作る。

茄子のオイル漬け3
奥が皮ごと使ったオイル漬け。

茄子のオイル漬け
私は下戸なので分からないが、白ワインにもぴったり!と生徒さんに言って頂いた。
同じく食欲がないことがないので分かないが(汗)、暑さで食欲なないときにも食べられますとのこと。
今年は、冷蔵庫の中で茄子をしなびさせてしまうことがなかった。今年の夏のちょっとした達成感。

  1. お教室
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
友人宅でイタリア料理 :: 2018/08/30(Thu)

8月に親子パスタ教室を開催するにあたって、学生時代の友人AKIにアドバイスを求めた。
彼女は幼児教育の専門家なのだ。年賀状のやり取りで近況は知っていたが、会うのは何十年ぶりだろうか。
フェイスブックで連絡を取り、その後電話で話し、お宅に伺うことになった。

懐かしい!懐かしい!学生時代「航空部」というグライダーの操縦の訓練をする体育会のクラブに所属していた。埼玉県の熊谷近く、利根川の河川敷にある合宿所で過ごした日々。女子部員は6人。AKIはその中の一人だ。一緒にどんぶり飯を食べ、日よけなど一切ない河原で一緒に機体を押し、一緒にお風呂に入って、夜は正体もなくぐっすり眠った。

そんな彼女も3児を育て、大学生になったお嬢さんにも初めて会ったが、あっ!足がっ!特に膝から下がAKIと全く同じで驚いた。
グライダーのランウエイをたったったっと走っていたあの足だ!

AKIE7 (2)
材料を持ち込んで、アンティパストを3品、パスタを2品、セコンドピアットを1品作った。といっても下準備をして、後は皆に作ってもらった。

AKIE4.jpg
海老を乗せたズッキーニのボート

AKIE5.jpg
茄子のバラ仕立て

この日集ったのはAKIのご主人とお子さん達。同じく同期のYちゃんとそのお嬢さん、他大学の航空部だった元ちょっとかっこよかった男子で今はすっかりおじさんとそのご家族、そしてご近所のご夫婦の総勢13名がてんでばらばらに、あちらこちらで飲んで食べておしゃべりをして。
胸がぎゅっとなるほど懐かしくて楽しい夜だった。




  1. 我が家のイタリアン
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。