FC2ブログ

Reginella Campagnola~村の娘~

手作り生パスタ教室「Il Sole」の主催者が日々の生活をお伝えします。



お魚のインボルティーニ :: 2019/06/29(Sat)

6月の家庭料理コースにお越し頂きました皆様、ありがとうございました。
お魚づくしのお料理でした。
セコンドピアットで使ったお魚の鮃は、皆さんよくご存じの、いつもお世話になっているお魚屋さんで仕入れました。
お店の奥の魚をさばく大きなまな板の横で、見事な包丁さばきを見るのはとても気持ちの良いものです。
なるほど、皮を引くときは、始めにちょっと包丁を立てるのだなとか、見ているだけで勉強になります。
「3月の鮃は犬も食わないって言うんだよ。」などという講釈を聞くのもまた楽し。

私が小さい時は、スーパーなどはなく、買い物かごを肘にかけた母に連れられて商店街に買い物に行ったものです。
昭和40年代の西新宿にほど近い代々木というところでしたが、小さいけれども活気のある商店街がありました。
魚屋さんの威勢のよい掛け声、目の前のまな板の上で魚が次々に腹を割かれて、その度にざざっと血が水で流され、臓物はポリバケツに入れられる。その光景は生々しくはあったけれども、魚を食べる実感があったように思います。
今の子供たちはパックに入れられた魚ばかりである意味可愛そうですね。な~んて、おばちゃんは思ってしまう。

アスパラのお魚巻1 - コピー - コピー - コピー

この鮃の内臓もそれはそれは綺麗で食べたくなってしまうほどでした。
「どうやって食べるの?」という店主の問いに、「アスパラガスを巻いて蒸す!」と答えたら、ちょっと辛そうな表情に。
「この魚だったら刺身だろ。」と言いたそうなところをぐっと堪えた感じ。
シンプルな料理法だからお魚の鮮度が命。もちろんエンガワは私が醤油とわさびで頂きました~♪


スポンサーサイト





  1. お教室
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<レシピ掲載「daysy」働くママに、時短による”心のゆとりを” | top | お魚のラビオリ リグーリア風>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://solepasta.blog112.fc2.com/tb.php/620-773644d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)