FC2ブログ

Reginella Campagnola~村の娘~

手作り生パスタ教室「Il Sole」の主催者が日々の生活をお伝えします。



クリスマスレッスン :: 2018/12/22(Sat)

今日でクリスマスレッスンが終了しました。
お越し頂きました皆様、お寒い中有り難うございました。
お料理の写真をアップします。

ニョッコフリット - コピー
ニョッコフリットとプロシュート
モデナの揚げパン「ニョッコフリット」。揚げたパンというと重い感じを受けますが、表面はかさっという感じで軽く、プロシュートを挟んで頂きます。ジョバンナの家ではプロシュートやサラミを用意してしょっちゅう頂きますし、このニョッコフリットとこの地域のもう一つのパンのティジェッレという丸型の薄焼きパンを出すお店に行くと、間に挟むプロシュートや豆の煮ものを頼むとパン類は永遠に出てきます。

プロシュート、正確にはプロシュートクルードは豚のもも肉を加熱せずに熟成乾燥させるものです。従って、その特徴である熟成香はとても大切なものです。冷蔵庫から出したばかりの冷たいままでは、その香りが十分に楽しめません。美味しく食べるために注意しなければならないこと、また一緒に添えるとよい食材のことなどご説明致しました。

ニョッコとプロシュート - コピー
そしてこんな風に頂きます。私はこの食べ方が大好き♡プロシュート頂く時は、ニョッコフリット持参で行きたい!

クワドラティーニリピエニ
プリモピアットの「クワドルティーニ リピエニ」。
パスタに、リコッタチーズとハムのペーストを挟んだものをブロードで煮込みます。
2年前にもレッスンで取り上げたものですが、その時はレモンの皮をたっぷりいれて爽やかな香りが立つように、今回はトリュフオイルをしのばせて食べた時にふっとトリュフが香るように致しました。

4人分をお持ち帰り頂きましたので、ご家族やご友人と楽しんで頂けたらとても嬉しいです。
このお料理は美味しいブロードが必須。時間はかかりますが、ほっておけば勝手に美味しくなってくれるので、是非是非作るのに慣れてしまってください。イタリアでお世話になったどのお家でも普通に作ります。冷凍しておけますので、沢山つくってその都度解凍して使うとご家庭のお料理の格が上がります。

鴨とベリー- コピー
セコンドピアットの「鴨のロースト べりーのソース」
鴨というとレストランで食べるものと思われがちですが、食材さえ手に入れば気軽に頂けるものです。
最近、クリスマスの近くになると大型スーパーなどでは見かけるようですね。
オレンジのソースがフランス料理などで有名ですが、酸味のあるベリーのソースともとてもよく合います。

カスタードと苺 - コピー
ドルチェの「カスタードと苺のカップ 46年物のバスラミコ酢を垂らして」
このドルチェは、日本にも輸出しているレッジョエミリアの有名なバルサミコ酢メーカーの奥様から習ったものです。奥様と言っても併設されているリストランテのシェフをされていて、正にバルサミコ酢を知り尽くした方のお料理でした。ご高齢でもあったので引退され、私が最後の生徒です。大切にレシピを引き継いでいきたいと思っています。
このドルチェは苺に火を通してあるところがなんとも良い感じで、生のままでしたら少し違ったものになると思います。

今回は、全員でパスタを作った後に、アンティパストからドルチェまで一気に一時間以内で作りました。
簡単なお料理ばかりです。一品でも二品でも皆様のクリスマスのメニューにして頂けたら本当に嬉しいです。
どうぞ良いクリスマスを。Buon Natale♡


スポンサーサイト


  1. お教室
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<三堀純一 菓舞伎 Xmas Live in TOKYO | top | クリスマスのコーン>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://solepasta.blog112.fc2.com/tb.php/596-4d6cc91f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)