FC2ブログ

Reginella Campagnola~村の娘~

手作り生パスタ教室「Il Sole」の主催者が日々の生活をお伝えします。



バルサミコ酢 :: 2018/04/05(Thu)

3月の「生パスタと季節のお料理の会」の写真をアップするのをすっかりすっかり忘れておりました。
ご参加頂きました皆様ありがとうございました。

最近何かと忘れっぽいし、ごく最近のことが思い出せないことが多くて困ります。
昨日も、いつもの魚屋さんに夕飯のおかずを買いに行った時、「昨日、教室の生徒さんが寄ってくれたよ。すらっと背の高い方だったよ。」と社長に言われ、どなただろうと思いだそうとしたのに全く分からない。「社長、どうしよう。思い出せない・・・。」と言うと「まあまあ、誰もが通る道だからね~。」と慰められましたが、少々落ち込みました。なぜだろう、なぜだろう。

教室に通って下さる若い方には「私に5㎝ください!」と思うほどすらっと恰好の良い方が何人かいらっしゃって、宝塚フアンの私は「なぜなぜ宝塚歌劇団に入らなかったの。」と心の中で思っているのですが、その方達は昨日はいらしゃっていない。
帰り道に落ち着いてお一人ずつお顔を思い出してみたら、分かりました!社長の言う長身というのは、私にとってはその方の特徴ではないので、その一言にこだわって特定できませんでした。私にとってのその方の特徴は、透けるように色の白い綺麗な方。確かに私よりはずっと背はお高い。「3㎝ください!」

IMGP7498 (2)
プリモピアットの「南瓜とリコッタのニョッキ」
昨年、ジョバンナに作ってもらったニョッキ。スプーンですくってお湯の中に落とすので、成形する手間がいらず簡単です。

バスサミコ
セコンドピアットの「豚肉のステュファート バルサミコ酢風味」
私がお料理を習うジョバンナはエミリア・ロマーニャ州のモデナという街に住んでいて、モデナはバルサミコ酢の産地なので、この芳醇なお酢の使い方をたくさん教わりました。日本ではサラダの調味に使うことがほとんどですが、真夏以外はめったに生野菜を食べないこの地域では、煮物や温かい料理の仕上げに使います。また、そういった使い方の方が、このお酢の良さが分かると思います。今回のお料理は、その使い方を理解したうえでの私のオリジナルの煮込みでした。お酢を使って煮込んでいきますので、最終的に甘酸っぱいお料理になります。一歩転べば中華の酢豚に。そこをハーブや肉の加工品を使ってイタリア料理に仕上げていきます。

ご参加頂いた方に、休日に小さい子供を育てる娘さんのところに行って作ったら、とても喜ばれたとのご報告を頂き、とても嬉しかったです。あれこれ試行錯誤したことが報われる瞬間です。

トルタフリッテ
ドルチェの「トルテッリ・フリッテ」
中にチェリーのジャムを入れた素朴な揚げ菓子。お一人7,8個お持ち帰り頂きました。

長年ジョバンナの家に通って、この日はお料理を習う日、または親戚や友人が集まる日という特別な日以外は、プリモピアットを一品、セコンドピアットを一品、そして週末に作ったドルチェを最後につまむという食事が日常なのだと知りました。
教室のメニューもそのように、自然に皆様の普通の食卓組み込まれていけるようなものをと心がけていきたいと思います。

スポンサーサイト


  1. お教室
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<春のパスタ♪ | top | アスパラガス>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://solepasta.blog112.fc2.com/tb.php/563-2bceabff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)