fc2ブログ

Reginella Campagnola~村の娘~

手作り生パスタ教室「Il Sole」の主催者が日々の生活をお伝えします。



イタリア料理を知る その13 :: 2023/07/04(Tue)

授業もなく、どこに出かけるのでもない日曜日。働き者のマサが朝から洗濯をしている。
毎日着るコックコートは、週に一回マリエッラが回収してそれはそれは真っ白にして戻してくれるのだが、その他の洗濯ものはそれぞれがする。寮には中庭の物置の脇に洗濯機もあったが、下着類はお風呂に入る時に洗って部屋に干し、その他のものは休日に手洗いして庭に干した。日曜日になると中庭やベランダは干した洗濯物でいっぱいになった。

学校では調理実習以外でも4人一組の班で、朝食の準備、調理実習の時の食材の下ごしらえ、昼食や夕食の配膳とその後片づけをする。4班あるので4週に一回もろもろの事の当番が回ってくる。学校生活が始まってしばらく経ったある日、当番でもないマサがどの作業でもいつもいるのに気が付いた。とにかくよく働く。実習の時も床が少し汚れているのに気が付くと、さっと箒とちりとりを持って来て掃除をするし、全てにおいて動作が機敏でだらだらしているところを見たことがない。マサがいつもいるから、私達もなんとなく引きずられて自分の班の当番でなくてもこの雑用と思われる作業に参加した。しかし、これらの作業の中の調理実習の準備こそ、実はとても重要だということに気が付いた。魚の下処理などはほとんどこの時にされていて、見逃してはならなかった。また、数か月後にレストランの研修に入る皆にとっては、一連の作業を地道に毎日毎日繰り返してするということもとても大切なことだったのだと思う。
DSCN0621 - コピー


マサは学校が終わった後、ルッカの「バッテルフライ」という星付きのレストランに研修に入った。その後ドバイに渡り、縁があってまたトスカーナに戻ってくる。カパンノリの「セレンデピコ」というレストランのシェフになった時に、併設するホテルに泊まりがてら会いに行ってマサの料理を初めて食べた。丁寧な味。お皿の上の豊かな色彩。夢のある盛り付け。ホテルは石造りの建物で、私が行った季節は紫の藤の花が、持ち得るだけの生命力で大きく膨らんでいてそれはもう見事だった。トスカーナのよいところを全部集めたようなところだと思った。朝散歩していると、ホテルのオーナーのご高齢の男性に「マサの友人かい。」と話しかけられた。「マサは本当によく働くよ。本当によくやっている。」と言われて、変わっていないなと思った。この時だったが定かではないがマサが「イタリアでもドバイでも、厨房に入った時は、大きな体格の現地の人間に馬鹿にされることもある。でもしばらく一緒に働いて、働き方を見せると認めてくれるようになるんだ。」と言った。その働き方は生来のものなのか、それとも学び取ったものなのか。私達は、あの場所あの短い期間すれ違ったに過ぎないけれど、彼から学ぶことができたと思う。マサは美しい妻と子供とともにまだトスカーナにいる。セレンデピコを2回目に訪れた時は子供が生まれたばかりで、店を背にして広がる平原を目の前に「本当に素晴らしいところでしょう。」とほほ笑む姿、数年前のあの時は想像もしなかった。
(2010.3.16)


スポンサーサイト



  1. イタリア料理を知る
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
次のページ