FC2ブログ

Reginella Campagnola~村の娘~

手作り生パスタ教室「Il Sole」の主催者が日々の生活をお伝えします。



球根は歩くか :: 2020/12/18(Fri)

P2020386 (2)
記録として載せておきたい写真。サフランの花。11月14日に畑のあぜ道に咲いた。
数年前に畑の奥の方に球根を植えた。
教室の生徒さんでお庭にサフランを植えていらっしゃる方がいて、ピンセットでこの雄蕊を収穫するというお話を聞いて是非ともやってみたかったのだ。
花が咲いているのかいないのか、その頃は11月はイタリアに数週間行っていることが多く、帰国後に畑に行ってみると咲いていたような咲かなかったような。そのうちすっかり忘れてしまった。

数年後にお皿の絵付けの教室で、園芸がお好きな先生が「球根は自分の好きな場所に移動する。」とおっしゃる。いやいや球根は歩いて、または転がって移動することはないだろう。地下茎で生育域を広げていく植物のことをおっしゃているのだろうと思ってそう言うと「ううん。球根も好きなところに移動するのよ。」とおっしゃる。納得いかなかったけれど、なんとなく聞き流してしまった。

それがどうだ。私が植えた畑の奥からこうやって歩くが転がるか、とにかく移動してきたではないか。
ぴゅんぴゅんと葉っぱを出して、花もすぱっと咲かせている。先生のおっしゃったことは正しかったのか。
私が畑の苗の残骸を片付けた時に一緒に球根も運んでしまって、ここに着地したのかもしれないけれど、いずれにしても踏まれやすそうな通路であるこの場所が、居心地がよかったのね。


スポンサーサイト



  1. 畑の様子
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
丸ナス :: 2020/08/21(Fri)

種から育てたイタリアの丸ナス。
IMGP3984.jpg
この丸ナスを含めて、毎日毎日いやっという程大量の茄子が取れる。
4種類の茄子の苗を4本ずつ。明らかに植えすぎであるが、うまく育つが分らないし、毎年台風も来る。
今年は雨が多かったが苗はすくすくと育ち、台風もまだ来ない。
昨年の夏に教室で作った「茄子のオイル漬け」をせっせと作っているのだが、追い付かない。
無駄にしない他の方法はないだろうか・・・。



  1. 畑の様子
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
白茄子 :: 2020/08/20(Thu)

今年の夏は4種類の茄子を植えた。
よくある中型の茄子、米茄子、イタリアのまあるい茄子、それからこの白茄子。
P2020296.jpg
紫の茄子の苗は紫の花が咲き、白茄子の苗には白い花が咲いた。ふううん。

P2020301.jpg
そしてこれが白茄子。
外側の緑の部分はすこし固めだが、果肉はとても決めが細かい。
1センチほどに切ってステーキのように焼き、生姜醤油で食べた。
美味しい・・・。


  1. 畑の様子
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
真夏の畑仕事 :: 2020/08/15(Sat)

やはり畑を2倍の面積に増やしたのは無謀だったかしら・・・。
空いた時間は畑に通い頑張っているのだが、草取りが追い付かず、とりあえず夢のような綺麗な畑は目指さず、草との共存を目指したいと思う!

P2020294.jpg
これは、春先に植えた「カルチョーフィ」!つまり「アーティチョーク」!
雑草に埋もれそうだけど立派に成長している。
秋の収穫できたらよいのだけれど。フリットにしたり、ラビオリのリピエノにしたい。
以前にも育てたことがあるのだが、その時は葉の裏側にアブラムシがびっしりついて怯んだ。この夏は暑さのせいか、アブラムシさえもつかない。暑い・・・暑すぎる・・・。



  1. 畑の様子
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
トマトの追熟 :: 2020/08/12(Wed)

トマト追熟

野菜と果物は追熟できるものとできないものがあって、トマトは追熟できる野菜だそうな。
ちなみにバナナは追熟できる果物の代表選手。メロンも追熟可能。さくらんぼはできないそうだ。
これらはNHKの子供科学電話相談の内容。

写真のトマトは私の畑で採った3種類のトマト。
サン・マルツァーノ、赤いフルーツトマトと黄色くてちょっと細長いプチトマト。
これらを追熟したら、全部トマトソースにする予定。


  1. 畑の様子
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
次のページ