Reginella Campagnola~村の娘~

手作り生パスタ教室「Il Sole」の主催者が日々の生活をお伝えします。



蕗の薹 :: 2018/02/17(Sat)

教室にしている住まいにテレビはない。
フィギュアスケートで盛り上がりを見せている平昌オリンピックの中継は、もっぱらラジオで聞いている。
昨日ホームセンターで見つけた空豆の苗を植えに、今日はなんとしても畑に行かなければならなかった。お天気は畑仕事には最適だ。

羽生選手の出番に間に合うようにさっさと苗だけ植えて帰ってこようと車を走らせたが、いざ着いてみると今年はじゃが芋はここに植えるかとか、ズッキーニの苗はこの辺りにと地面に棒で線を引いてみたり、そうだ!生徒さんから蕗の薹は早く摘まないと虫が入るとおっしゃっていたと土をまさぐってみたり、帰りの車でラジオをつけたら宇野選手が滑っていて羽生選手の演技はとっくに終わっていた。がっくり。
IMGP8416 (2)
7個取れた!今夜はこれを天ぷらに!


スポンサーサイト
  1. 畑の様子
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
春の兆し :: 2018/02/09(Fri)

お昼ご飯を食べた後に、最近足が遠のいていた畑に久しぶりに行った。
大根が数本とプチベールの苗が植わっているだけで、雑草もほとんど生えない畑は土がむき出しで寂しい風景。
ちょぼちょぼと生えている雑草を抜いたり、大きくなり過ぎたローズマリーを剪定ばさみでざくざく切ってみたり、手持無沙汰だ。

P1790075.jpg
これはパセリの苗。雪が降っても、霜がおりてもしっかり生きている。

P1790076.jpg
雑草だと思って引き抜きそうになった、この緑のつんつんしたもの。

P1790077.jpg
蕗の薹ですよ!蕗の薹!

P1790080.jpg
これはグリーンピースの苗。風よけの為に笹を刺して、その上ネットも被せて置いた。どうやら元気に育っているらしい。
ちなみにネットを被せておかなかった莢いんげんはなくなってしまった。くぅ~。

P1790086.jpg
3月になるとじゃが芋の植え付けから畑は始まる。その後、雑草がわさわさ生えて来て、あっという間に夏野菜の苗を植え付けだ。
その前に種からできるものは自分で苗を作ろう。というわけで、種をしまっている収納箱からいろいろと出して計画を練っていたらあっという間に夕方になってしまった。
昨年、畑を拡張したので、本気でアーティチョークを育てたいと思う。やるぞっ!



  1. 畑の様子
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
ほうれん草の収穫 :: 2018/01/29(Mon)

午前中に畑に行き、ほうれん草の収穫。
日陰にはまだうっすら雪が残っている。
この数日の冷え込みで、早朝は霜柱がたつのだが、陽が差してくると霜が溶けて畑は一気にぬかるむ。
ゴム長靴を履いて、フィノッキの畝を跨ぎ、ラディッキョの畝を跨ぎ、転ばないように慎重にほうれん草の畝へ。

根っこの奥の方はまだ土が凍っていて、スコップで根ごと掘り起こし、手で付いている土を割るようにして取り出し籠の中へ。
教室に持ち帰り、藁半紙の上に広げて土をできるだけ落とし、水をじゃあじゃあ流してよく洗い、その後水を張ったたらいに入れて更に土を落とす。

IMGP8279.jpg
深い緑色のほうれん草。完全無農薬の為虫食いの後もあるが、さっと茹でて食べてみると甘い。

IMGP8284.jpg
保存袋に入れて冷蔵庫の野菜室へ。

このほうれん草は、先週から始まった「ほうれん草のタルト」の為の食材。
中世の町のようなルッカのタルト。現地ではタルト・ルッキーゼ(ルッカのタルト)と言ったり、タルト・ベッキエ(古いタルト)と言ったりするが、日本では見たことがない土着食満載のタルトだ。皆さんに喜んで頂けるか、召し上がって頂くまで不安だったが、美味しいと言って頂いて安堵した。
試作品を友人に味見してもらったら、「朝食にぴったりのタルトだね。」と。確かに!イタリアの朝食は甘い朝食。朝起きて、濃いコーヒーとこのほうれん草のタルトで一日を始めたら、正にイタリアにいるような気分だと思う。

  1. 畑の様子
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
冬の収穫 :: 2018/01/20(Sat)


野菜の価格が高騰しているそうだ。
私の畑も、私がイタリアに行っていた間に急に気温が下がったことが影響してか、毎年楽しみにしている「プチベール」の苗が例年の三分の二の大きさにしかならない。収穫量も少なくてがっかりだ。去年は、アンチョビで味をつけて皆さんにたくさん食べて頂けたのに。

IMGP8153.jpg
先日、収穫してきた畑の野菜。左上から時計回りに、蕪、フィノッキ、黄色の人参、赤い人参、ほうれん草、ちょっと取れたプチベール、紫キャベツ。随分前に収穫出来る大きさにはなっていたのだが、いっぺんに取ってしまうより、畑で土に植わっていた方が鮮度が保てるので、時々畑に行っては抜いて来ている。

黄色い人参と赤い人参、紫キャベツは、これまた畑で取れた大根と一緒に、トスカーナの「ピンツィモーニオ」にしてお出しした。スティックサラダのようなもので、生野菜をオリーブオイルと塩に付けて食べる。ぽりぽり、ぽりぽり、ぽりぽり。皆さん、黄色い人参が甘くて美味しいとおっしゃる。何かこれが一番喜ばれたようで、お料理教室としてこれでいいのか!?とも思うが、皆さんの笑顔を見て、また今年一年しっかり畑で鍬を振るう気になった。現在、今年の畑を計画中。頑張るぞ!

  1. 畑の様子
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
最近の畑の様子 :: 2017/09/23(Sat)

最近の畑の様子。
今年は茄子以外の夏の苗を早めに倒して、8月の終わりには秋冬野菜の準備に取り掛かった。
P1690366.jpg
8月の初めに蒔いた人参に種。葉っぱがわさわさ出て順調に生育中。人参だけは毎年上手くいく。コツは容赦のない間引き!

P1690370.jpg
紫キャベツの苗。最初に出た葉をいかに大きくするかが重要だそうだが、なかなかいいのではないか。

P1690372.jpg
今年初めて挑戦した大根!今年の初めに生徒さんからお手製の切り干し大根を頂いたが、見慣れた細切りではなく、輪切りにしてあって、戻して油揚げと一緒に似ると見た目もとても可愛かったし、売っているものよりも断然と美味しかった。私も作ってみたくて種を蒔いた。「大根十耕」とにかくよく耕すことが必要のようだが、大丈夫かな。ほかにも紅心大根、皮だけが紅い大根、二十日大根などいろいろ蒔いてみた。上手く育って欲しい!できたら教室のサラダに使いたい!

P1690371.jpg
去年初めて植えてみてすごく使い勝手がよかった野菜「プチベール」!芽キャベツが開いてしまったような不思議な野菜。教室ではアンチョビオイルで和えて、お家のご飯では胡麻あえやお浸しにと大活躍。今年は12株植えた。我が家の冬野菜はこのプチベールにかかっている。

今年の春に畑を拡張して、教室に関わる以外の時間は畑で過ごしている。
夫婦二人と近くに住む両親の食べる野菜のほとんど賄うのが目標だけれど、これがなかなか難しい。
ちょうど今は苗が育っている時期で、収穫できるものがほとんどない。野菜不足になるこの時期と真冬をどう乗り切るかが当面の課題。山ほど取れて無駄にしてしまった夏野菜。今から思えばオイル漬けや乾燥野菜にしておけばよかった・・・。やることはますます増えるけど結構楽しい。ついにキノコに手を出すか!?



  1. 畑の様子
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
次のページ