FC2ブログ

Reginella Campagnola~村の娘~

手作り生パスタ教室「Il Sole」の主催者が日々の生活をお伝えします。



大根が取れました。 :: 2019/11/11(Mon)

大根は、本当はもっと寒くなってからとれるものだと思っていたけれど、葉っぱがやたらとわさわさと生えているので、もしかしたらもうできてしまったのではと、一本抜いてみた。

大根
大きくはないけれど、出来上がっていると思う。

蕪
こちらは間引いた蕪

P1920026.jpg
青虫と戦いつつ、プチベールも順調

収穫出来たら教室でじゃんじゃんお出ししますわ~♪


スポンサーサイト



  1. 畑の様子
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
チューリップの球根 :: 2019/10/20(Sun)

もうチューリップの球根を植えなくては!!
ホームセンターに行って時間をかけて球根を選んだ。

球根
暖かくなって開花するものだと小さな虫がついてしまう。できれば家の中に飾りたいので、寒い時期からさく冬咲きの品種を選んだ。
全部で30個。後はアイリスと中央がほんのりオレンジ色のスイセン。
畑の中央、ハーブが植えてあるあたりに植えようともう肥料は仕込んである。

女の人が一人で耕している畑にはたいてい花が植えられていて、会えば挨拶をする私と同じくらいの年齢の人の畑には、この夏真っ赤なクラジオラスが咲いていた。夏の太陽の光に負けない気構えの立ち姿が美しかった。花瓶に活けるのではなく、土から勢いよく生えている姿がよい。

私の畑には今、キバナコスモスが風に揺れている。
こちらも花瓶に生けるのではなく、あちらこちらに顔を向けてふわりふわりとしている姿がよい。
チューリップはどうかな。やはりここで咲くのが良いとそのままになるかしら。






  1. 畑の様子
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
秋の畑 :: 2019/09/20(Fri)

夏野菜の苗を早々に片づけ、8月の終わりには秋冬野菜の苗を植え付けた。
小さい苗にたっぷりと水をやり、肥料をやり、虫よけのネットをかぶせて後は大きく育ってくれるのを待つだけ。
プチベール
ここ数年楽しみにしているプチベール。芽キャベツとケールをかけあわせて作られた日本の野菜。
茹でてオリーブオイルと塩をかけるだけでとても美味しい。

芽キャベツ
芽キャベツはお肉の付け合わせにとてもよく合うと思う。
夏の「ハーブ塩」のレッスンで皆さんにご紹介した野菜のバター煮も良い。じゃが芋と芽キャベツをバター煮にしたら止まらない。

黒キャベツ
黒キャベツもすくすく育った。取っても取っても次々と葉を伸ばすので心強い。
オリーブオイルで炒め煮にしたり、イタリアのごった煮のズッパには欠かせない野菜。

紫キャベツ
紫キャベツは千切りにしてバルサミコ酢とオリーブオイルを回しかけ、パルミジャーノを振りかけて食べる。
スーパーの紫キャベツはどこか肩身が狭そうに四つ切にされていたりするけれど、とれたては瑞々しくてむしゃむしゃ食べたくなる。

暑さの盛りを過ぎた秋の畑はゆっくり息をしているようで、心が落ち着く。
草取りもいつもより長くしてしまうね。




  1. 畑の様子
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
トマトしか取れない・・・。 :: 2019/08/01(Thu)

日照不足が続いた為か、畑にせっせと植え付けた茄子の苗が大きくならないまま終わりそう。
ゴールデンウィークに入ってすぐに植えた中玉のトマトの苗だけは良く育ち、実もたくさん付けた。
最初に日を浴びたもの勝ちといった感じ!
IMGP0717.jpg

先日テレビを見ていて知ったのだが、日本人のトマトの消費量は思いのほか少ないのだとか。
夏に冷やしたトマトをたべるくらいでは、たいした量ではないだろう。
火を通して食べるとけっこうな量を食べられると思う。

この中玉のトマトは、生でも食べるのにちょうどよい大きさだし、夏野菜を炒める時に、4等分ほどにして一緒に炒めるとトマトの酸味が加わってなんでも美味しく頂ける。茄子・ズッキーニ・パプリカ・ししとう・・・。

去年はなんと!この中玉トマトにかぶと虫が2匹しがみついていて果汁を吸っているのを見つけて驚いた。
かぶと虫は木にとまって樹液を吸うのではないのか!?畑の周りにもかぶと虫が樹液を吸える木が少なくなっているのだとしたら心配だ。そんな話を教室でしたら、生徒さんの一人がメロン畑にもかぶと虫がいて、果汁を吸っていると教えてくれた。
幸せなのか不幸なのか・・・。


  1. 畑の様子
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
ズッキーニの赤ちゃん :: 2019/05/17(Fri)

ズッキーニの苗が少し大きくなってきた。
近寄ってみるともう実をつけているではないか!大収穫の予感が!!

P1800969.jpg
この小さな苗も収穫期を迎えると、幅1メートルを超える大きさになる。実の取り時も大切で、大きな葉の陰に隠れて摘み取らなかった実がペットボトルの大きさになって表れて、びっくりしたこともある。ちょっと小さいかなと思うくらいが瑞々しくて美味しい。
6月の教室のレッスンで使いたいので、何とかこのまま無事に成長して欲しい。


  1. 畑の様子
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
次のページ