Reginella Campagnola~村の娘~

手作り生パスタ教室「Il Sole」の主催者が日々の生活をお伝えします。



ズッキーニの花 :: 2017/06/19(Mon)


やっと!やっと雨が降った。
水不足で畑はからから、苗はいっこうに育たない。小さい苗に花芽だけついて、このままでは夏野菜はほとんどできないのではないだろうか。恵の雨。昨日は雨音を気持ちよく聞いた。
今朝は、しっとりと潤っている畑を楽しみに出かけたら、土埃が立たない程度でたいしたことはなかった。がっくり。

P1560965.jpg
花を収穫する為のズッキーニの苗。
立派な花が咲いていた。

IMGP0068.jpg
教室で余ったリコッタチーズとアンチョビを入れて、衣をつけて揚げた。
もっとたっぷり衣を着けて、時間をかけてしっかり揚げるべきたった。

ローマのシニョーラに教わったが、揚げたてを頂いた時は、外側はかりっとしていて、柔らかくなったモッツァレラとアンチョビの塩味が混ざり合ってとても美味しかった。彼女曰く「Tipical roman food」だそうだ。
まだまだ花は咲きそうだから、何度でもやってみよう!



スポンサーサイト
  1. お昼ご飯
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
マッケローニ :: 2017/06/16(Fri)

3週間前の朝、妙に目覚めが悪いなと思っていたら、目の焦点が合わないことに気がついた。
レッスン中に生徒さんに呼ばれて振り返ると、胃の奥からぐっと気持ちが悪い。正直に皆さんにお話しし、座る時間を多く取らせて頂いた。皆さんと楽しくお話していたら途中から随分と調子は良くなったのだが、初めての経験で少々不安だったので病院へ。

血圧正常、心電図正常、脳梗塞の検査も異常なし。血流をよくする点滴を1時間ほどした。そうしたら!あら!なんと!眠り姫が眠りから覚めたときはこういう感じだったのではないかと思うほど、視界もすっきり!気分もすっきり!
自宅に戻ってまた仮眠を取り、夕方すくっとベッドから出て近くのビストロへ。とりあえず食べよう!肉だ肉!ステーキ丼を肉の量を2倍にしてもらって食べた。

ビストロのシェフの見立ては脱水症状。マダムの見立ては更年期障害。近くに座った八百屋さんは「耳鼻科に行った方がよい。」と言い、それぞれ診断結果は違うが、どれも当てはまるような気がした。お医者様は何と言っていたっけ?
3日ほど寝る以外は、この家の子のように、こちらのビストロで昼も夜もご飯を食べていたら1キロ増。
太ろうが何だろうが健康が一番だと思った。
そして、今日ももりもりパスタを食べる。

IMGP0037.jpg
現在、教室で進行中のマッケローニをバジルペーストで。

IMGP0039.jpg
マッケローニのソースをブルスケッタにして。


  1. お昼ご飯
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
トルデッリ :: 2017/05/31(Wed)

今日は、5月のアドバンスコースの最終日
トスカーナ州のルッカのご当地パスタ「トルデッリ」を皆さんと作った。
イタリアの包み物パスタで肉が入ったものは、餃子のように生ものは入らず、必ず火の通ったものが入る。
もともとは前日のローストの残りを、無駄にせずに使ったものだからだ。

教室では、ステーキ用の肉を焼くところから始めるが、皆さん一同に「これだけでも美味しそう!潰してしまうのはもったいない!」と言われる。おっしゃる通り!でもパルミジャーノチーズやハーブ類を入れるとまた違った美味しさが出てくるもの。

大きめのラビオリなので皆さん難なく作ってお持ち帰り。よかったよかった・・・。余った生地は、それぞれタリアテッレやタリオリーニにしていらして、「今日はこのタリアテッレをお肉のラグーで食べるの。」とか、「このタリオリーニをズッキーニと海老に合わせてみたい。」というのを聞くと、皆さんが楽しそうに食事の準備をされている姿が想像できて、とても嬉しくなってしまう。
IMGP6411 - コピー
上からもお肉のラグーをかけるトルデッリ。
この季節だったらセージバターやトマトソースでも美味しく召し上がれると思う。

IMGP6287 - コピー
今回のお料理の「ガルムージャ」。こちらもルッカのスープ。
この季節しか取れないそら豆、グリーンピースやアスパラガスを沢山使った初夏のスープ。
このスープはとても簡単。是非是非何度でも作ってくださいね。


  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
海老とズッキーニのタリオリーニ! :: 2017/05/21(Sun)

本日、5月のベーシックコースが終了しました。
お忙しい中、お越し頂きました皆様、有難うございました。

今回の生パスタは「タリオリーニ」でした。細い麺状のパスタは、蕎麦や拉麺を日常的に食する私達には、とても親しみやすいパスタです。レッスンではデリケートに仕上げた胡桃のソースで召し上がって頂きましたが、お料理の方の素材「ズッキーニ」と「小海老」を使っても美味しく召し上がれますよとお話しました。

IMGP5921.jpg
海老とズッキーニを炒めた後にワインを注いで煮立たせ、パスタを入れます。汁を吸わせるようにざっと混ぜる。お皿に盛ってからペコリーノチーズをかけました。海老の香りとズッキーニの甘さを味わえるパスタになりました。

しっかり歯ごたえのあるパスタですので、パンチェッタやサルシッチャを入れた少し濃厚なトマトソースにもよく合いますし、今日のレッスンでは生徒さんの冷凍庫の中に眠っている「ボッタルガ」(からすみ)の活用法をお話している時に、この麺を使ったらとても美味しく仕上がることに気がつき、涎が出そうになりました(汗)。とても相性が良いはずです!

お料理の「ズッキーニと小海老のリピエニ」の方も、小海老をツナに変えても気軽な前菜になると思います。
皆様の頭の中で美味しい組み合わせと考えて、いろいろ工夫して楽しんで頂けたら幸いです。





  1. お昼ご飯
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
6月ベーシックレッスン追加のお知らせ :: 2017/05/18(Thu)

6月のベーシックレッスンへのお申込みを沢山頂き、誠に有難うございました。
おかげ様でお席がほぼ埋まりましたので、下記の通りレッスンを追加致します。

追加日:2017年6月13日(火)

メニュー:生パスタ:マッケローニ アンチョビ風味のパプリカのスーゴ
      お料理:茄子のロートロ

レッスン料:5,000

IMGP3714.jpg
マッケローニとパプリカのペースト
手作りマッケローニはもちもちとした食感。手作りならではのパスタです。パスタマシーンを使いませんので、気軽に作れます。
パプリカはこれでもかっ!というほど焼いて甘味を出してからペーストにします。
これがイタリア野菜の本当の調理法。ビタミンがたくさん取れそうなペーストですね。

IMGP5727.jpg
茄子の中にはハムとモッツェラレラを巻き込んで。
毎年、茄子のお料理をご紹介しますが、今回はちょっとおしゃれな感じに仕上げましたので、おもてなしにどうぞ!

お問合せはホームページからお願い致します。
どうぞお気軽にお申込みください。

手作り生パスタ教室イル・ソーレ







  1. お教室
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
次のページ